魚福

長谷観音から由比ガ浜通りを鎌倉に向かってすぐ。 ご夫婦2人で切り盛りしている20席ちょっとの落ち着いた雰囲気の店です。

 見た目も調理法もいたってシンプルですが、食べるとびっくりします。 まず一口目でホタテってこんなに甘かったっけ?って思ったのですよ。 それは砂糖やみりんのものではなくて、おそらく微かな塩味に引き立てられたホタテ自身の甘味。 つまり調味料を最小限に押さえて素材の風味を最大限に引き出したとでもいうのでしょうか。 これってかなり高度な技。他も貝の苦味を生姜がすっきりさせていたり、とろりとしたすり流しに あさつきの食感が良かったり、お造りも地の物でしっかりした厚みがあったし。

ごはんもただの白飯というところに自信の程が伺えますが、果たして素晴らしく美味しく炊けていました。 デザートの白小豆は豆の柔らかさにプチプチしたあられの歯触りも楽しく、量も多すぎず少なすぎずいい感じ。 この時にでる特注品の錫のスプーンがまた、柄のカーブといい薄さといい絶妙なのです。

素材選びから盛り付けまで細やかなこだわりが感じられるお店です。

さざえ・さい巻海老・ほたて
牡蠣のすりながし
お造り
錫の骨董品
たこ・大根・いもがらの煮物
銀むつ西京焼き
白飯・あさりの味噌汁
白小豆
店内
一覧に戻る
SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO